Return to site

   愛犬ヴィレッジ東新宿店

   新宿とは思えないリゾート感が魅力!わんこと一緒に楽しめる都心の複合施設

· 在宅ワークでしっかり稼ぐコツ,在宅でコツコツ稼ぐお得情報,ネットビジネスの初心者講座,ペット情報,看板犬毛むくじゃらくんの日常

副都心線の東新宿駅から徒歩4分の場所にある「わんこと一緒に食・遊・楽」をテーマにした複合型施設。同店を運営するのは伊豆エリアを中心に「愛犬の駅」「ウブドの森」「愛犬のお宿」など展開する会社。こちらの「愛犬ヴィレッジ」は都内初出店の施設です。

ドッグランは屋内・屋外にそれぞれあり、1階の屋内フィールドは約30㎡。わんこの足への負担を考えクッションフロアを採用しています。屋上にある80㎡のフィールドはその名も「天空のドッグラン」。フリードリンクと足湯も用意されていて、ワンちゃんを遊ばせながらご主人さまもゆったりと寛ぐことができます。

●ドッグラン ワンちゃん1頭とご主人さま2名まで1,400円 1頭追加200円 1名追加400円

・屋内ドッグラン 1F(平日)11:00~19:00 (土日祝)10:00~20:00

わんこの脚への負担を考えた全面クッションフロアの室内ドッグラン。

・天空のドッグラン 屋上(平日)11:00~18:00 (土日祝)10:00~18:00

全面人工芝を敷いた天空のドッグランは、都会にいながらお外で自由に走りたいわんこの夢を叶えるだけでなく、飼い主さまもごゆっくり寛げるよう専用の足湯とフリードリンクをご用意しております。

●愛されわんこの O・M・E・K・A・S・H・I(トリミングサロン)

徹底的な飼い主さまとわんこ目線で、"ウチの子"の可愛さを最大限に引き出します。
施術前のカウンセリングでは、仕上がりイメージはもちろん「おウチでのこんなしぐさが可愛い」といった細かい部分までヒアリングし、そのしぐさがさらに可愛らしくなるようなスタイリングをご提案。

・耳掃除・爪切り・足裏&足回りカット・肛門腺絞りの4点がサービスに含まれています。

その他、下記から2点をお選びいただけます。

・ひげ切り・リボンアクセサリー・肉球ケア・施術時間 + 1時間のお預かり無料

・ポイントカット1箇所(シャンプー時)・歯磨き・アフターフォト

【営業時間】11:00~19:00(最終受付 トリミング 16:00 / シャンプー 17:00)  

●Healing & relaxing わんこに安らぎの空間を (ドッグホテル)

わんこの習性に基づき最大限リラックスできるよう「穴ぐら」仕様にしております(Lルーム)。
清潔なお部屋とふかふかクッションに加え、わんこにやすらぎを与えるブレンドアロマやBGMで、愛犬にとって「飼い主さまのいない不安なお留守番」から「癒しのお泊り」となれる環境を目指しております。お散歩オプションもあり!
スマートフォンで愛犬の様子を確認できる「Webカメラ」もオプションにて!

【受付時間】

平日 11:00~19:00(最終チェックイン/アウト19:00)
土日祝 10:00~20:00(最終チェックイン/アウト20:00)

●ビストロラブドッグ(レストラン)

全席愛犬と同伴OKなビストロで、"ウチの子"の大切な記念日をお祝いしませんか?
愛犬と二人だけのご利用から、わんこ友達をたくさん集めた賑やかなパーティー、オフ会など様々なシーンにご対応(最大50名様)。ご家族ご友人が"主役"の記念日だってもちろんOK!

本格フレンチコースやお得なプレートメニュー、パティシエ特製のスイーツなど多様なお料理をご用意。愛犬にももちろん専用の"ごちそう"を!

【営業時間】

平日 11:00~20:00(L.O. 料理・ドリンク共 19:30)
土日祝 11:00~21:00(L.O. 料理20:00/ドリンク20:30)

各ショップでは、毎日欠かせないフードやおやつや、ワンちゃんの洋服も華やかでキュートなものから機能性抜群なものまで。シャンプーやスプレーなどのケア用品もこだわりの品揃えです。

"ウチの子"のベストショットをプリントして、世界にひとつだけのオリジナルのマグカップなどをお作りします。

●メディカルアドバイザー 獣医師 丸田香緒里先生

愛犬の健康と安全な食生活を重視し、獣医師先生と連携しています。

その他ショップや営業時間、アクセスなどは愛犬ヴィレッジ東新宿店公式ホームページを

ご覧ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly